ホンダからCRF450RとCRF450RXが8月に発売やて。公道用のCRF450Lも出るで。

ホンダから2019年モデルのモトクロスレース専用車の『CRF450R』とエンデューロレース専用車『CRF450RX』を、2018年8月28日に受注期間限定で発売するらしいで。
受注期間は2018年5月29日から2018年12月28日までやって。


▲CRF450R


▲CRF450RX

ローンチコントロールついてるんやて

両方とも前のモデルからパワーとトルクアップしとってな、その性能をキッチリスタートん時に使えるように、エンジンの回転上昇をちゃちゃっと制御するローンチコントロールシステム(3段階のレベル選択が可能)ちゅうのが、新しくついてるねんて。
最近はきょうびなんでも電子制御やね。

カラーはエクストリームレッドの1色だけ。
価格は『CRF450R』が96万6600円で、『CRF450RX』が98万2800円。
両方とも8%の消費税入っとるで

両方とも、エンジンの燃焼室の形と排気レイアウトをやり直して、排気効率をあんじょうしたことでエンジンの全回転域でパワーもトルクもあがったんやて。
ほんで、パワーアップしただけやとオフロードは道が悪いからスタートがやりにくなりよる。そやからパワーアップしても安定したスタートができるように電子制御つけたんや。
スタートしてすぐイチビったアクセルワークしてもちゃんとトルクを使えるように、エンジンの回転上昇をちゃちゃっと制御するんや。
ローンチコントロールシステムは3段階で調節できるで。
このシステムは、HRC(株式会社ホンダ・レーシング)がワークスマシンに使ってる技術やねんけど今回は市販レーサーにもつけたっちゅうわけや。

エンジンの他にも、ピボットプレートとエンジンハンガーを変えて、剛性のあんばいをええ感じすることで、しなやかなになっとるで。ほいで、ハンドル位置を前のやつより低くこしらえたから、乗ってるひとが前のんより自由に体重移動できるようにって気ぃつかったんや。あとな、トップブリッジにハンドルホルダーの取り付け孔を前後2ヵ所掘ったある。そやからハンドルホルダーのハンドル受け部変えたら4つもハンドル位置が選択できるできるねんで。

*このCRF450R、CRF450RXは公道および一般交通の用に供する場所では一切走行ができません。また、登録してナンバープレートを取得することもできません
*走行場所には十分注意してください。私道や林道、河原、海辺などの公共の道路以外の場所でも、人や車が自由に出入りできるところは道路とみなされ、道路交通法および道路運送車両法の違反になります

まぁレース用やからこういうこっちゃ公道は走られへん。

 

CRF450Lは公道走れるで

2018年5月23日にヨーロッパとアメリカでCRF450Lが正式発表されたんやて。
レース用で公道走られへんCRF450Rをベースにライトやらウィンカーやら保安部品をつけたんや。これで堂々とナンバーとって公道走れるで。8月には日本国内仕様も発売するみたいやからちょっと楽しみやな。

 

公道用はギア6速ついとるで

エンジンは基本変わってないといいつつも、クランクのマスが13%増えてて、全体ででスムーズなトルクが出せるようにバルブタイミングも変えとる。ミッションも高速道路とか考えたら6速いるやろっちゅうことでつけてくれたある。あとはエンジンカバーをこさえて音をちょっと静かにしてくれたある。

LEDライトは省電力や言うてもついた分の電力は必要やから、発電機は低速走行中でも充電をできるように発電量をアップや。バッテリーも容量の大きいヤツ使こうとるで。ボアとストロークは96mm x 62.1mmでCRF450Rと同んなじやけど、ピストンには耐久性を上げるためにピストンリング2本から3本に変えて圧縮比は13.5:1から12.0:1に抑えたある。エアクリーナーボックスも変更がしてあって、排気ガスをキレイにするエアインジェクションやキャタライザーも追加されとるで。

CRF450Lのスペック

全長:2,280mm
全幅:825mm
全高:1,260mm
ホイールベース:1,500mm
シート高:940mm
重量:130.8kg
燃料タンク:7.6L
最低地上高:315mm
エンジン:SOHC水冷単気筒(ユニカム)
排気量:449cc
ボア×ストローク:96.0mm×62.1mm
圧縮比:12.0:1
馬力:18.4kw(25PS)
トルク:32Nm
ミッション:6速
フロントタイヤ:80/100-21(IRC GP21チューブタイヤ)
リアタイヤ:120/80-18(IRC GP22チューブタイヤ)

 

フレームもちょっとちゃうで

フレームのほうは6速ミッションつけてエンジン幅大きなったエンジンのっけるために、スイングアームピボットでちょびっと幅が広げたある。ステムのトコはバンドルロックできるようにしたあるし、アルミのスイングアームにはウレタンつめて騒音を低減したった。後部サブフレームは同じで、テールランプと2本出しやったマフラーを右1本出しマフラーに変えたから調整してあるらしいわ。ホイールベースをCRF450Rから18mm増やして1500mmで安定性がようなっとる。

CRF450Rは19インチのリヤホイールを使用するけど、CRF450Lは18インチや。チェーンもシールチェーンにして、チェーンガードで保護してあるわ。

 

ベースのCRF450Rが96万6600円やからざっと110万円ぐらいちゃうかぁ
知らんけど。

バイク王 バイク王

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください