スーパーカブC125の発売日が2018年9月14日に決まったで

ホンダがスーパーカブのいっちゃんええモデル『スーパーカブC125』を2018年9月14日(金)に売り出し開始する言うてはる。

スーパーカブC125はスーパーカブのいっちゃん初めのモデルC100をご先祖さんやから、よう似とるわ。鳥さんが翼を広げたみたいなライトと一体化したハンドルにして、これまでのスーパーカブ110をベースにこさえた車体は、125ccエンジン積める様にあんじょう強うしてあるから結果的に剛性も上がってちゃっちゃと動けるようになっとる。

色は青色(パールニルタバブルー)だけ。
車体価格は39万9600円(税8%込み)やわ。

スーパーカブC125の生産はタイをメインマーケットにしようと思ってたから、開発と生産はタイでやるみタイやわ。シャレちゃうで。

 

スーパーカブを豪せいにしたんやで

いっちゃん初めのスーパーカブC100をモダン焼きにしたデザインやから古っぽい感じと新しい感じをミックス焼きにしとるわ。知らんけど。ヘッドライトとかウィンカーなんかの灯火類は全部LEDにしてあって、ポケットに鍵入れっぱなしでもスイッチ入れてエンジンかけられるスマートキーとかもついとって装備は最新やわ。ホイールとかもちゃんと今風になっててキャストホイールなっとるわ。これでタイヤもチューブレスタイヤ使えるからパンクした時とか簡単に修理できるわな。足回りもフロントはディスクブレーキになっとって、サスペンションもスーパーカブ110よりもストロークを伸ばして乗り心地がええあんばいになっとるで。

ホンダ・スーパーカブっちゅうバイクはいままで壊れにくさとかやお金かからへんトコとか、乗りやすさで世界中から大人気のバイクでビジネスバイクって言われとるバイクの中では王様やわ。これまでもクロスカブとかハンターカブ、リトルカブとかの趣味性をウリにしていたスーパーカブはあったけど、クロスカブ、ハンターカブはもともと輸出用のオフロードカブやったし、リトルカブは郵便局で使こうとった郵政カブやった。でも今回のスーパーカブC125はハナッから趣味バイクや。これはある意味スーパーカブにとっては革命的なんやで。

 

スーパーカブっぽさがみじみ出とるなぁ

1958年に売ってた初代スーパーカブC100はS字のシルエットしとったんよ。今回のスーパーカブC125もS字シルエットにしてそっくりさんに仕上げたわけや。足を後ろにけり上げんでも前からまたいで乗り降りできるとことかはカブとして当たり前やねんけど、ライト下のグリルとか、ウインカーとテールランプの形なんかを、スーパーカブC100モチーフであんじょう似せてあるわ。リヤフェンダーは樹脂よりも薄くてしゅっとしたデザインにできるスチール材のプレス成形にしてあんねんで。こだわっとるなぁ。

 

エンジンはモンキー125とかと同系統

スーパーカブC125のエンジンは4速ミッションの自動遠心クラッチ 124ccの空冷単気筒エンジンや。ベースはタイで売られているカブの兄弟ウェーブ125用で、グロムや新型モンキー125とも同系統のエンジンやねん。でもスーパーカブC125はベアリングの追加とかショック低減ラバーを追加とか改良やってあって、静かにエレガントに走れるように改良してあるんやって。見た目もちょっと丸いパーツつけてスーパーカブC125専用にしてあるんやで。

 

スーパーカブC125のスペック

車名・型式 ホンダ・2BJ-JA48
全長×全幅×全高(mm) 1,915×720×1,000
軸距(mm) 1,245
最低地上高(mm) 125
シート高(mm) 780
車両重量(kg) 110
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 2.0
エンジン型式・種類 JA48E・空冷 4ストローク OHC 単気筒
総排気量(cm3) 124
内径×行程(mm) 52.4×57.9
圧縮比 9.3
最高出力(kW[PS]/rpm) 7.1[9.7]/7,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 10[1.0]/5,000
定地燃費値(km/h)69.0(60)<2名乗車時>
WMTCモード値(クラス) 66.1(クラス1)<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 3.7
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式4段リターン※4
変速比 1 速 2.500
2 速 1.550
3 速 1.150
4 速 0.923
減速比(1次/2次) 3.363/2.571
キャスター角(度)/トレール量(mm) 26°30´/71
タイヤ 前 70/90-17M/C 38P
後 80/90-17M/C 44P
ブレーキ形式 前 油圧式ディスク
後 機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 前 テレスコピック式
後 スイングアーム式
フレーム形式 バックボーン

こりゃ、よう売れるんちゃうか?

バイク王 バイク王

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください