kabuto(カブト)がカーボンでこさえたAEROBLADE-5Rを限定発売やで!

株式会社オージーケーカブトからカブトのフルフェイスヘルメットAEROBLADE-5(エアロブレード・5)のカーボンでこさえたAEROBLADE-5Rが数量限定で販売されるで。

サイズはXS、S、M、L、XL、XXLの全部で6サイズや。色はカーボンがそのまんま見えるやっちゃな。クリアー仕上げの1色のみやわ。発売時期はMサイズだけがちょっと早ようて、2018年6月初旬発売。その他のサイズは2018年7月から順ぐり発売していく予定なんやって。価格は5万5000円(税抜き)。カーボンヘルメットにしては、えらいリーズナブルやね。さすが大阪のメーカーさんやわ。勉強してくれてはる。

 

グラスファイバーとカーボンのミックスモダンや

もともとAEROBLADE-5は軽うて乗ってるときも快適やねんけどな、さらに軽うしたろっちゅうことで、初めてカーボンモデル作ったんやて。カーボンちゅうたら飛行機やらF1やらに使われとる素材やから頑丈やし安全なんはもちろんやで。ほんで、素材が頑丈やと面積とらんでもええからコンパクトにできるんや。小顔効果でモテるで!これは!知らんけど。あと空力性能とか静粛性なんかも進化させたらしいわ。空力とかは高速のった時とか首の疲れがぜんぜんちゃうんやで。静かなんも疲れと関係してるからこの辺はしっかり抑えときたいとこやな。

AEROBLADE-5Rの帽体シェルに使われとるカーボンはハイパーガラス繊維と高強度有機繊維素材を組み合わせて綾織りカーボン素材を最表面に成型した「A.C.T.+ C(高強度複合素材帽体+精密成型カーボン)」ちゅうやつらしいわ。イタリアのヘルメットメーカーAGVが使っとるやつとおんなじやつとちゃうかな?ふつうはファイバーミックスやと見た目がようないから塗装するんやけど、表面には平織カーボン貼ることで解決したんやな。これが安さの秘訣やけど、リーズナブルでもちゃんと高級感あるわ。

他にも特徴あるで

例えばLサイズとSサイズで中身だけちゃうだけやったらあんまり変わらへんから、サイズによって4種類の専用設計帽体使こうて、細やかにフィッティングと軽量化とコンパクト化を突き詰めとるねんで。ほんでこれは別売りなんやけど、寒っむいときとか雨降った時にシールドの曇るんを抑える専用ワイドタイプの100% MAX VISION DAF Pinlock Original Insert Lensを装着することができるねんで。あとはまぁもはや常識やけど内装は全部取り外せて洗えるようになっとるわ。生地にはCOOLMAX生地を使っとるからきょっちエエで。チークパッドも工夫してあって眼鏡やサングラスをスムーズにかけられるで。アゴひもはカチャカチャタイプのKabutoダブルアクションタイプ・マイクロラチェットバックル使っとる。楽ちんやね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください